ミネラルウォーターの秘密

意外と知らない!?ミネラルウォーター

どこの国へ行ってもどこのお店へ行っても必ず目にしますよね。
いつも目にする、口にしていても意外と知らない不思議を大解明します。
そもそもミネラルウォーターとは、地下水などのうち、飲料適の水を容器につめたものを「ミネラルウォーター類」といいます。
その分類は4種類に分類され、ミネラルが含まれていなくても、地下水や天然水、ろ過水、水道水などをボトルに詰めたものを総称してミネラルウォーター類というのです。
日本ではすべて加熱殺菌が義務付けられていますが、ヨーロッパの品質基準は異なり、殺菌の禁止、ミネラル分の基準値の設定、採水地周辺の環境保護の義務付けがあります。
また、「硬水」と「軟水」という成分の分類もあり、この基準には「硬度」が用いられます。
硬度とは水に含まれるカルシウム濃度、マグネシウム濃度で表される指標でその基準は国によって様々です。
硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムは地下の岩石から溶け出したものです。
そのため、日本やイギリスなどの島国は滞留年数が短いため地下水の硬度が低くなる傾向があります。
また、海外の水には炭酸ガスを含むものも多いです。
日本の水は軟水がほとんどで、のどごしがやわらかく、和食やお茶を淹れる際に適しています。

目的によって選ぶミネラルウォーター

ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」という種類があるのをご存じでしょうか。
ご存じの方が多いかとは思いますが、日本の水といえばそのほとんどが軟水です。
そのため、日本人が飲みやすいと感じるのは軟水なのですが、用途によっては軟水より硬水がよいという場合があります。
もちろん、反対に、軟水のほうがよいという時もあるのです。
そもそも、軟水と硬水の違いは何なのでしょうか。
このふたつは、含まれているマグネシウムとカルシウムの量の違いから区別されています。
このマグネシウムとカルシウムの量が多いミネラルウォーターを「硬水」、少ないものを「軟水」といいます。
飲みやすい軟水と比べ、時として硬水が独特の味がするのはミネラル成分が多く含まれているからなのです。
硬水は体への吸収がよいとは言えないため、慣れていない人が大量に摂取すると胃腸を痛める原因になるため注意が必要です。
そのため、小さなお子さんやお年寄りの方、病気を患っているときなどは、体への吸収がしやすい軟水を飲むことをおすすめします。
それとは反対に、ダイエットをしている方や、スポーツをした直後などにはミネラル分を多く含んだ硬水を摂取するとよいでしょう。
同じ軟水や硬水でも含まれている成分やその量の違いによって、飲み心地や味にも違いがあります。
自分の飲みやすい軟水・硬水をそれぞれを探し、シチュエーションに合わせてぜひ飲み分けをしてみてください。

recommend

様々な原因を掲載したリーブ21の発毛成功者の実話集

リーブ21

大学受験に役立ちサイトです。偏差値、勉強法などまとめました。

大学 偏差値

厨房機器・業務用キッチン用品を無料出張にて高額査定。

厨房機器 買取

現役合格にこだわる佐々木理数塾について説明しています。

佐々木理数塾で現役合格

産後骨盤矯正

北九州市を中心に、戸建て・マンション・投資物件・賃貸管理も取り扱っております

北九州 マンション

有機栽培などのオーガニック農法で育てた野菜などを使用した商品をお届けしています。

酵素ドリンク 通販

Last update:2016/10/20

Copyright 2015  ミネラルウォーターの秘密   All Right Reserverd.